パソコンプラザinとよなかのあゆみ
2006年4月に豊中市地域ITリーダーによる任意団体「パソコンプラザinとよなか」が誕生しました。
ふりかえると2003年6月からはじまったエキスタとよなかでのパソコン無料相談ヘルプデスクがその始まりです。
この間、豊中市のITリーダー育成講習を受講した多くの市民ボランティア、パソコン専門アドバイザー、
豊中市情報政策室など多くの方々の努力で今日を迎えました。
草創期に苦労された先人達の労に敬意を表すると共に、
決して一朝一夕で今の姿に達したのではないという記録として。
奮闘期 (2004年度〜2005年度) ITリーダーが主体となって活動開始
2004年度は、パソコンアドバイザー事業の最終年度。
育成を進めてきた地域ITリーダーは115名となり、2005年度からの自主的な運営に向けた準備が進められました。
また、豊中市の情報化拠点である「エキスタとよなか」は市西部にあり、市東部の千里中央への拠点確保が必要との判断から、地域活動グループ「エキスタ千里」が、千里公民館でパソコン相談会(サロン)とパソコン講習会を開始しました。
同時にITリーダーが自主的に始めた勉強会が中心となって、市民向けの講習会もスタートしました。2005年度 「エキスタとよなか」の運営の見直しを行うと共に、その運営はITリーダーが責任を持って進めることになりました。年度上期は、新しい体制での問題点の解決を進めました。その中で、ITリーダーの責任を明確にした体制が必要との判断から、組織化の準備を開始し、2006年3月 任意団体「パソコンプラザinとよなか」が発足しました。

活     動(敬称略) 対 外 活 動
2004年 4月
機器点検のため4月いっぱいヘルプデスク休止
第1回 地域ITリーダー運営会議
情報政策課担当職員:石井、桜田
第1回 地域ITリーダー全体会議
IT情報システムの本格使用開始(1号機、2号機)
ヘルプデスク 専門アドバイザー
担当:榎本、金平、中西先生
ITリーダー親睦の緑地花見 第一回
5月
エクセル勉強会 毎月2回開催として、エキスタとよなか にてスタート (呼び掛け人:2期小西康夫、ITリーダー10名参加
6月
地域ITリーダー育成講習、第9期生9名終了
   
原田グループ 
代表:7期松井喜章 副代表:2期西村栄子
千里グループ 千里公民館にて模義講習
 (友人、知人、シニア対象3回実施)  
原田グループ 原田老人福祉センターにて講習開始
8月
地域ITリーダー育成講習、第10期生10名終了
10月
第1回 運営懇談会(2005年3月まで毎月2回開催 
(2005年度をもってヘルプデスク専門アドバイザー3名 の撤退が決定したので、ヘルプデスク存続の検討と ITリーダーのみの自主運営等の方法について検討)
互選により
座長:6期渡邊泰弘
副座長:2期山根京子, 4期松尾とよ子を選出
地域ITリーダー育成講習、第11期生10名終了
ヘルプデスク 専門アドバイザー
 担当:青木、伊藤、中西先生
千里グループ シニア対象基本コース講座スタート 月1回第2水曜、午前10時〜午後4時
千里グループ エキスタ千里名でパソコンサロン スタート月1回第4水曜、午後1時〜午後4時
 12月
地域ITリーダー育成講習、第12期生10名終了
2005年 1月
千里用にIT情報システムを設定(3号機)
以後、使用勝手向上の為システムのUpdateを重ねる)
エキスタ千里 パソコンサロンを月2回第2水曜、第4水曜開催開始
2月
エクセル勉強会主催 エキスタ講習会スタート、6月まで月1回、7月から月2回開催
3月
第12回 運営懇談会(最終)
@ ヘルプデスクの対応時間を半減し夜の部は休止する 電話相談は非効率の為休止
A ヘルプデスク担当のリーダーA班〜F班のメンバーのスキルレベルを平均化しサービスレベルを均等化する、
B W.Gの立ち上げ (HP班、パソコン管理班、情報共有化班、BU企画班、FAQ構築班)等の決定事項を確認
4月
自主運用のシミュレーションの為、半月ヘルプデスクを休止
ITリーダーを6班編成にし、ヘルプデスク担当の 自主運用を開始
定例のリーダー会議を開催し、運営上の問題点を解決した
HP班誕生(ITリーダーの活動を市民に広く知らせる事、リピーター訪問を増やす事が目的)
担当責任:8期安房正、2期山根京子
エキスタ豊中とエキスタ千里のロゴマーク、採用
 (作成:8期安房正)
ヘルプデスク開館時間 午後1時半〜午後5時
来館のみ対応に変更実施
 
ヘルプデスク管理人として中西信之就任
 
エキスタ千里 講座、月2回開催開始
 
エキスタ千里 パソコンサロン午後4時半迄に延長開始
10月
リニューアルHP公開(第2版)
11月
地域ITリーダー育成講習、第13期生14名終了
地域ITリーダー育成講習、第14期生16名終了
ITリーダー組織化の検討開始(リーダー会議にて 2006年3月まで継続して実行
2006年 1月
エクセル勉強会を本町グループと名称変更
代表:2期小西康夫、副代表:7期武内禮夫
エキスタとよなかの取り組みに対して総務大臣表彰を受ける
各グループ主催の講習会、教材費として500円徴収開始
本町グループ、原田グループ共催の講習会を 中央公民館にて開催(公民館側の要請に応じて随時開催を継続)
3月
「パソコンプラザinとよなか」設立総会(ステップ於て)
ITリーダー42名出席
来賓:政策推進情報政策担当理事 松岡勝義、
情報政策室長 山村由幸、櫻田靖之、石井真理子
中西信行
互選により
代表:10期寺村三郎 
副代表:12期中川宣夫、2期西村栄子を選出