パソコンプラザinとよなかのあゆみ
2006年4月に豊中市地域ITリーダーによる任意団体「パソコンプラザinとよなか」が誕生しました。
ふりかえると2003年6月からはじまったエキスタとよなかでのパソコン無料相談ヘルプデスクがその始まりです。
この間、豊中市のITリーダー育成講習を受講した多くの市民ボランティア、パソコン専門アドバイザー、
豊中市情報政策室など多くの方々の努力で今日を迎えました。
草創期に苦労された先人達の労に敬意を表すると共に、
決して一朝一夕で今の姿に達したのではないという記録として。
草創期2002年度〜2003年度) パソコン アドバイザー事業の実施
豊中市では、国の助成のもと、これまで情報通信機器やインターネットになじみのない市民など、誰もが情報化社会の恩恵を十分に享受できるよう地域で相互に支援する仕組みをつくることを目的に、2002年度より3カ年計画のパソコンアドバイザー事業業に取り組みました
2002年度は、市民の情報の利用・活用を支援するための情報化支援スタッフ(地域ITリーダー)の育成を進めました。
2003年度には、地域ITリーダーの育成と共に地域情報化推進拠点として阪急豊中駅舎内に「エキスタとよなか」がオープンし、市民からのパソコンに関する相談会(ヘルプデスク)がスタートしました。
活     動 対 外 活 動
2002年 7月
地域ITリーダー育成講習、第1期生8名終了
8月
第1回 地域ITリーダー活動方針検討会議
情報政策課担当職員;堀山、石井
 
9月
地域ITリーダー育成講習、第2期生10名終了
 
11月
地域ITリーダー育成講習、第3期生10名終了
 
2003年 1月
第2回 地域ITリーダー活動方針検討会議
地域ITリーダー育成講習、第4期生9名終了
3月
第3回 地域ITリーダー活動方針検討会議
5月
地域ITリーダー全体会議
(アドバイザー事業内容で自宅への訪問相談を除く事等の確認)
 
豊中駅「サテライトスタジオ」(仮称)見学
 
サテライトスタジオの名称を「エキスタとよなか」と 決定。名称はITリーダーから募集し,情報政策課が選考


 
 
 
 
エキスタとよなかオープニングセレモニー
(市長以下行政側、一般来賓、ITリーダーが出席)
   
6月
エキスタとよなかにてヘルプデスク プレオープン(運用方法の試行)
エキスタとよなかにてヘルプデスク スタート
週3回(火曜、木曜、土曜) 午後1時半〜午後8時
 (来館、電話、FAXにて対応)
専門アドバイザー 
 担当:佐々木、福井、中西先生
7月
第1回 地域ITリーダー会議(以後月1回、第4回 まで開催)
8月
ワード勉強会 月2回開催としてエキスタとよなかにてスタート 講師3期:奥井弘道ITリーダー5名参加
9月
地域ITリーダー育成講習、第5期生10名終了
10月
IT情報システムの導入
(1期村田郁也作成
試行バージョンの運用後Excelで入力の過去データーを変換蓄積、新規サポート結果を入力開始)
11月
地域ITリーダー育成講習、第6期生10名終了
第1回 地域ITリーダー千里地域懇談会
(後の千里グループ会議、情報政策課2名、
T リーダー12名出席)
千里グループとして活動することを決定

互選にて
代表:6期中谷雅司、副代表、2期山根京子
第1回 地域ITリーダー役員会
(以後月1回、第5回まで開催)
HP作成
担当責任:3期奥井弘道、1期中田泰博
エキスタとよなかHP公開(初版)
2004年 1月
地域ITリーダー育成講習、第7期生9名終了
第1回千里グループ会議(毎月第2水曜日定例化を
確認、エキスタとよなかのヘルプデスクと千里地域の活動のあり方を継続検討)
3月
地域ITリーダー育成講習、第8期生10名終了
HPのFAQ欄を2期中野真弓、山根京子作成
  
エキスタとよなかHPにFAQ公開